〒815-0082

福岡県福岡市南区大楠1丁目32-14 5階

URL:https://kisaragi-souken-clinic.com

TEL :092-406-4141

FAX :092-406-4142

〒815-0082

福岡県福岡市南区大楠1丁目32-14 4階

URL:https://kisaragi-fukuoka-clinic.com

TEL:092-535-2500

FAX:092-535-2510

メタロ・

バランス

​検査

​メタロ・バランス検査

メタロ・バランス検査 (がんスクリーニング検査) とは?

がんスクリーニング検査とは、何の症状もない段階でがんの可能性があるかどうか(がんのリスク)を調べる検査のことをいいます。

がんの有無を直接調べ診断する検査ではありませんので、確定診断のためにはCTやMRIなどによる画像診断、細胞を調べる生検が必要となります。

 

メタロ・バランスがんスクリーニング検査では、健康な人とがんに罹患している人の
微量元素のバランスの違いを測定テーブル化し、それと被検者のものとを比較することにより、
その類似度合い等によりがんである確率をリスク判定としてA, B, C, Dの4段階でお知らせします。

がんリスク判定はそれぞれの部位における「がんの方」、「健康な方」の血液中の微量元素濃度バランスとあなたのものとを比較して、その類似度合により「がんリスク」を評価したものです。

ただ、被検者の生まれながらの特異性や食事を含む生活習慣、病気や事故による投薬等が類似度合いに影響を与える状況も排除はできません。


よってリスク判定がAであっても、がんに罹患していないとは言い切れませんし、逆にDであっても、必ずがんに罹患していることを意味するものではありません。

メタロ・バランス検査結果の評価の仕方

がん検診の集団は、大半が健康な方です。一般的に千人に1人のがんの方が混じる程度です。

メタロ・バランス検査では、血液中の微量元素濃度を元に、各がん種ごとにメタロ・バランススコアを計算します。メタロ・バランススコアは、0~10の値になります。

 

メタロ・バランススコアが高いほどがんのリスクが上がります。7.5~10までの方をD判定としていますが、どのような検査でも100%当たるという検査はありません。

 

メタロ・バランス検査では、がんの方と非がんの方が同数の集団の場合90%近い判別的中率を持っていますが、健診の集団の様に圧倒的に非がんの方が多い集団では、D判定の中に医療機関でがんでは無いと診断される方がかなりの率で出てきます。

 

このような健診の集団を対象とした場合の確率を陽性的中率といいます。国の推奨するがん検診でも陽性的中率は、数%です。

各判定ごとに、どの程度の方が実際にがんと診断されるかは、一覧表を裏面に記載しましたのご参考にしてください。メタロ・バランス検査は、がんリスクスクリーニングです。最も正確に判定される男性の大腸がんでも20人に1人です。19人は、医療機関でがんではありませんと診断されます。

 

年に1回のメタロ・バランス検査を受けて、メタロ・バランススコアの変動を毎年チェックされることをお勧めします。

メタロ・バランス検査における

がんの可能性について

メタロ・バランス(MB)がんリスクスクリーニング検査は、 がんになると血液中の微量元素濃度バランスが部位ごとに特徴的にくずれるという点に着目し、 受検者が現在がんになっている可能性(リスク)を統計学的手法により 4つのグループにふるい分け(スクリーニング)評価したものです。

よって、結果としてどのグループからもがんの方は見つかるのですが、見つかる確率はグループごとに異なります。

下記の表では各部位ごとにがんの可能性を表したものです。

 

たとえば、大腸がんがメタロ・バランス検査で「A判定」と判定された場合、 がんが見つかる確率は3,000人に1人であることを意味します。 他方、「D判定」となった場合は、がんが見つかる確率は20人に1人です。 日本人の20~79歳の一般男性で大腸がんが見つかる確率は600人に1人と言われています。

 

よって、「A判定」の方は一般に比べてがんの可能性が低いという見方になり、 「D判定」だと可能性が高いので、がん検診を受診するか、かかりつけ医にご相談されることをお薦めするものです。 最後に、メタロ・バランス検査は現在がんが見つかる可能性を統計的に判定したものであり、 将来がんになる、1年後2年後等にがんが見つかる可能性を判定しているものではありませんので、ご留意ください。